これで安心!子どもの不登校を解決する方法

やってはいけないこと

学校でのいじめなどが原因で子どもが不登校になってしまうことは珍しいことではありません。それでは不登校を解決するためにはどうすればよいのでしょうか。まず、解決方法の前にやってはいけないことがあります。それは、時間が解決してくれると考えないことです。不登校になってもいつかは治るだろうという考え方は逆に不登校を悪化させる可能性があります。長期にわたって学校を休んでしまうと、子どもとしては学校に行った際にクラスメイトにそのワケを話す必要が生じ、上手く対応できなくなってしまいます。クラスメイトからは、長期間欠席したダメな奴、というレッテルを貼られることになり、時間をかけるほど学校に行きにくくなってしまいます。

不登校を解決する具体的方法

不登校を解決する方法とは、不登校の原因を取り除くことです。例えば、簡単に言うならば、いじめが原因になっているのであればいじめを無くせばよい、ということになります。また、ではなぜいじめが生まれるのか、ということを考え、いじめの原因になっているものを取り除きます。このように、不登校の背景にはいじめがあり、いじめの背景には何かの原因があり、というように原因が次の結果を生んでいます。原因をさかのぼり、根本的な原因を解決することが出来れば不登校も解決することが出来ます。また原因を探るためには、学校の状況を詳しく知れない親だけでは限界があるため、当事者である子どもとしっかりと向き合い、相談し、一緒に解決していこうという姿勢を示すことが重要です。

学校で子どもたちが抱えるストレスは、知らず知らずのうちに溜まっていきます。これが表面化すると不登校になります。早期のケアが大切です。