エクセルで出来たらいいテクニック知ってる?

式をコピーするときに自動にしたくないとき

エクセルは、表計算ソフトの代表と言えるでしょう。フリーソフトなどでも、エクセルのデータは扱えるようにしているタイプが多くなっています。便利な機能としては数式があるでしょう。ある数式を入れてコピーをすると、コピーをした部分にもそれが反映されます。すべてに同じような式を入れる必要はありません。ただ、いつもコピーしたいとは限りません。あるセルで設定したのとまったく同じようにコピーができたらと思うでしょう。通常は、計算する対象となるセルを自動的に変更してくれますが、その変更をせずにコピーをする方法です。ドルマークをセルのアルファベットの前後に入れれば、どこにコピーをしても同じセルを参照してくれます。前後に設定する方法もあります。

途中でフリーズしたり操作ができなくなったとき

エクセルの利用の仕方は人によって異なります。仕事であれば、たくさんのデータを入力して管理するなどがあるかもしれません。朝から入力をして、もうそろそろ終わりの時にフリーズしたり、強制終了となるとかなりつらいです。その状態になると、保存などの選択ができないので、前に保存をした状態にしか戻れません。その日の入力データがすべてなくなってしまいます。これを防ぐ方法としては、自動保存の設定があります。定期的に自動保存をしてくれるので、フリーズすれば一応そのまま終了します。でも、自動保存した状態までは保存されています。5分や10分にしておけば、最低5分前や10分前ぐらいの状態には戻れます。1日のデータがすべて無駄にはなりません。

CADとはコンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを使って設計をすることを支援するソフトのことを指します。CADのスクールでは、そのソフトの使い方について学ぶ事ができます。