イデコで乗り切れ!これからの老後難民時代

本当にもらえるの?老後の国民年金

これから日本が迎える超高齢化社会、そしてそれに伴う社会福祉や国民年金に対する不安は、間違いなく誰もが抱えている問題です。

国民年金について言えば、今後、支給額の減額や支給開始年齢の引き上げがじゅうぶんに考えられます。

知ってますか?イデコ

老後に備えて、個人で定期預金や個人年金などを積み立てている方も多いかと思いますが、2017年1月から公務員や専業主婦、今までは加入が認められていなかった一部のサラリーマンもイデコに加入が出来るようになりました。

イデコは個人型確定拠出年金のことで、税制面においてさまざまなメリットがあります。

有利に使おう!イデコの節税効果

イデコに加入するには、銀行や証券会社、保険会社でそれぞれが扱っている元本保証型の商品や、投資信託など一定のリスクを伴う商品を選び申し込みます。

10年以上の加入期間で、60歳以降に一括金や年金、または併用のかたちで受け取ることが出来ます。

このイデコのメリットには大きく3つあり、「掛け金に対して税金が掛からない」「運用益や利息に対して税金が掛からずに再運用されるため、複利効果が大きい」「一括金で受け取る際に退職所得控除が適用される」という点が挙げられます。

60歳まで引き出せないから注意しよう!

イデコはその名の通り、個人型確定拠出年金のことですので、60歳という年金支給年齢に到達するまでは引き出しが出来ません。

ですから、子供の教育費や親の介護、住宅や車の購入など、人生の中での大きな支出についてはイデコとは別に積み立てておくなど、しっかりとした生活設計を立てておくことが大切です。

「老後難民」という言葉を最近メディアでよく耳にしますが、賢い人生設計を立てて楽しい老後を送りましょう。

イデコ確定拠出年金は掛け金に比例して、所得税や住民税が一定額まで優遇される、つまり節税できます。この制度を利用して生まれた利益は非課税となるため、運用がうまくいけば年金を上乗せが可能です。