個人型確定拠出年金をやってみよう!!やった方がいい3つの理由

資産運用って難しそう?でも取り合えずやってみよう。

株や債券、外貨預金やFXって難しそうだと思いませんか?つまり資産運用は難しそうですか?誰でもそう感じると思いますし、実際にそうでしょう。

しかし、やってみると実際は難しいから逆に楽しいかもしれません。知らないものに投資するのは怖いですが、自分で調べて興味を持ったものでお金を運用してみる、配当や利息をいただいたときは嬉しいでしょう。そしてもっと自分で学習するはずです。

資産運用を実際に始めてみると自然とステップアップして運用の力を身につけられるはずです。ぜひチャレンジしましょう。

税金対策になります。

確定拠出年金を始めるに当たって一番の利点は何でしょうか?

確かに確定拠出年金は少しだけ維持管理手数料が必要です。しかし、それを上回ってある最大の利点があります。それは税金対策なるという事です。

具体的には毎月拠出した掛け金を確定申告等で所得の控除申告(小規模企業共済等掛金控除)すると税金の還付を受けられます。

老後対策として向いています。

年金に関する話題がメディアに頻繁に登場するようになっている今老後対策は自分でも考えなくてはいけません。

確定拠出年金は毎月拠出した額をその年の確定申告によって還付を受けられます。また一度拠出してしまうと規定の年齢まで拘束されてしまいます。

人間の意志はどうしても続かないものです。しかしこの制度によって拠出した額は規定年齢まで自由に使う事はできませんが、これによって強制的に貯まっていきます。将来の額が保証されているわけではありませんが、その時には意外にもいい額になっている可能性があります。

2017年1月に始まった個人型確定拠出年金ですが、メリットは何と言っても、積立金が所得から控除されるという点です。