初心者が迷った時ために…イラストの描き方を伝授!!

そもそもイラストって…

イラストというのは、イラストレーションの略で視覚化されたメッセージになることが多いですね。イラストも絵画も同じ「絵」というカテゴリーに分類されますが、イラストと絵画には根本的な違いがあるんです。絵画はキャンパスに書かれた一つの美術品という価値を持ちますが、イラストは私たちの生活の隅々で見ることができるものでもあります。イラストレーションの語源はラテン語にあるのですが、その意味は「分かりやすくするもの」という意味なんです。

イラストを描いてみよう

イラストを描くにはまずテーマが必要ですから、どんなものをテーマにするかを考えます。テーマが決まったら、テーマに関連する小物なども配置してみましょう。例えば「クマ」をテーマにするなら、「森」や「はちみつ」なども描くといいですね。キャラクターの配置では、イラストを描く枠に沿わせないようにするのがコツです。そうすることによってキャラクターに動きが付きますよ。走っていたり、寝転んでいたりするポーズを取らせると、キャラクターが生き生きしてきますからね。

イラストに色を付ける

イラストを描く上で一番重要なことは、キャラクターのインパクトであったり、全体の絵風であったりすると思うんですが、それらに付ける色も結構重要になりますよ。個人の好きな色って直感で感じ取っていたりしますから、イラスト全体におけるカラーのバランスも大事なんですよ。イラスト自体はデフォルメされることが多いですが、カラー通常のイメージにそわせた方がいいでしょう。あまり突拍子もない色を使うと全体のバランスが壊れてしまいますよ。

絵を描くことが苦手な人でも、イラストの講座で学べば簡単に基礎を身につけることができます。絵をキレイに描きたい人にも最適です。