株式投資・自分にあった投資スタイルで運用しよう!

短期間で売買?長期間で保有?

株で運用していくには、短期間で利ザヤで利益を得るか・長期で保有して配当や株主優待で利益を得る形になります。それぞれの特徴を紹介します。

短期(デイトレード・スイングトレード)

デイトレードはその日限りで株式の売買を行います。チャートを見て銘柄の上下を判断し、相場が開いている時間帯で売買を行います。常にチャートを見ないといけないため、専業でトレードをしている方に向いている方法です。資金が多いほど利益は得やすくなります。長期で保有する場合に比べると、売買回数が多くなるため手数料もかさみます。スイングトレードは数週間単位で売買を行います。

長期(配当・株主優待)

長期で保有する場合は会社の業績や景気の流れで判断し、銘柄を保有します。保有し続けることで配当や株主優待で利益を得ていきます。長期で運用するときはチャートなどの確認は数か月に1回行えば問題ないので、銘柄の選択をしっかり行えば何もせずに資産が増える状況をつくることが可能です。副業で株式投資をしている方に向いている方法です。

テクニカル分析・ファンダメンタル分析

テクニカル分析は上昇・下降トレンドで判断したり、チャート分析で売られすぎか買われすぎかで判断します。それに対してファンダメンタル分析は企業の財務状況・経営状況などから判断します。一般的にはテクニカル分析は短期売買、ファンダメンタル分析は長期で保有するときに使うことが多いです

自分にあった投資スタイルを検討しましょう。運用期間や分析する方法をいろいろ組み合わせることで、投資の幅が広がるかもしれないです。

株の信用取引の金利は高ければ高いほど経済がまわっている証拠なので良循環でよりお金を生みやすい環境になっています。